犬に名前をつけること

 クラウスは、正式には
 「クラウス・フリードリッヒ」という名前です。
 なぜ、この名前になったかというと、
 昔「オルフェウスの窓」という名著がありまして、
 その登場人物のクラウス・フリードリッヒ様(本名はアレクセイ・ミハイロフ)に
 幼い私は恋をしたのでした♥
 少々乱暴で無鉄砲ではありますが、
 男気があり、正義感が強いクラウス様は私の憧れでした。
 
 そこで、犬を飼ったら、「クラウス・フリードリッヒ」と名付けようと
 固く心に決めたのでした。

 犬は、ずっと飼いたかったのですが、
 母が、「あんたに世話ができるはずはない」と許してくれなかったのです(涙)
 
 というわけで、私の中では、犬=クラウス・フリードリッヒだったのですよ。
 
 たとえ、その「犬」が、可愛い小型犬のビーちゃんでも・・・です!

 
a0319693_2059620.jpg

                  クラウス、月齢2か月

 そうそう、クラウス様は、本当はロシアの高貴な貴族の生まれ・・・
 こうしてみると、最初に私の「クラウス」に会った時、
 高貴さの点で、相通じるものを感じたような・・・(← かなり親馬鹿)

 
a0319693_214693.jpg

                  クラウスと初めての対面

 そうそう!!
 貴族のボンボンとはならず、反骨精神を忘れなかったクラウス様と
 私のクラウスは、やはり似ているかも・・・(← 完全に親馬鹿)

 
a0319693_2165717.jpg

                  ちょい悪クラウス、月齢8か月

 
 というわけで、
 私は「クラウス」と名前を呼ぶだけで、
 甘酸っぱい恋などを思い出して、ほんわか幸せになるんです♪
 犬のしつけの点からいえば、
 あまり名前を呼ぶと、犬にとって名前を呼ばれるのが当たり前になってしまい、
 いざ、飼い主が呼んだ時に言うことをきかなくなるから、あまり呼ばない方が良いとも言われています。

 でも、良いの。幸せの方が大事。
 しつけなら、根気よく、毎日少しずつ続ければ良いこと。
 名前を呼んだって、きちんとやるべきことをやれば大丈夫。
 根気よく、やるべきことをやるというのはビーグル犬が苦手とするところですが、
 ママがついているから、一緒に頑張ろうね。

 ・・・・と、今日もほんわか幸せに浸っていたら、一本の電話。

 ○×♨※さん「クラママさん、お世話になってます。○×♨※です」
 クラママ   「○×♨※さん、ご無沙汰しておりまぁす」(←電話越しにも笑顔)
 ○×♨※さん「で、明日の締切、大丈夫そうですか?」
 クラママ   「・・・・・・・・・・・・・・」(← 笑顔そのまま)
 ○×♨※さん「まさか、忘れたわけじゃないでしょうね?」
 クラママ   「・・・・・・・・・・・・・・」(← 笑顔、固まる)

 ・・・・・・俗にいう、天使の大行進・・・・・

 ○×♨※さん「やっぱり、忘れていたんですね。そんな事だろうと思ってました。
          締切は、実は来週です。遅れないで下さいね!!!!」

 ○×♨※さん、お気遣い有難うございました。
 この場を借りて、お礼申し上げます。
 私が年末ジャンボに当選した暁には、必ずやご恩返しをさせて頂きます。


 ママは、今日から、かなりハードにお仕事するから、
 クラパパと遊んでいてね。

 
a0319693_21264047.jpg



 ママこそ、きちんとやるべきことをやるべきだと思いましゅ。
 
  

 
 
Commented by イワノフ at 2013-08-28 06:19 x
僕も〆切りは苦手です。追い詰められてやっと始動します。
Commented by クラママ at 2013-08-28 12:40 x
>イワノフ様

〆切というのは、
多分、始動するための合図にしか過ぎないのではないかと思います。

(○×♨※さんへ、この場を借りて、今のうちに言っておきます。
・・・・・・・・・・ごめん)
by saphire1984 | 2013-08-27 21:46 | クラウスの日常 | Comments(2)

ビーグル犬、お山と東京のジプシー生活


by クラママ
プロフィールを見る
画像一覧